本文へスキップ

EPT


ホームリクルート情報

  • Link 3
  • Link 5

リクルート情報 FAX受付中!

リクナビでエントリー受付中です。(2018年新卒の学生さんが対象です)


 インターンシップに参加した学生さんの感想です。参考にどうぞ!

インターンシップ(須賀川支店)
郡山情報ビジネス専門学校 Sさん

 私は須賀川支店に実習に行かせていただきました。どの職員も共通して言えることは、テキパキと動作が素早く、忙しそうでした。
 職員の方は様々な年代の方がいらっしゃいましたが、みんな仲が良く、和やかな雰囲気で仕事をされていました。
お客様は、平日ということもあってご年配の方が多くいらっしゃいました。
 顔なじみのお客様には踏み込んだ話をしたり、初対面のお客様には天気の話等、また、お歳を召された方にはより大きな声で、ゆっくりはっきり話されていて、お客様の一人一人を見て、話している印象でした。
 また、窓口の方だけでなく、奥でデスクワークしている職員の方も挨拶等の声出しをしていて、職場全体でしていることがわかりました。
 私が働く立場になったら、ご年配の方が窓口で分からなくて困っていたら、助けてあげられるような親切で地域の方と密着できるような職員になりたいです。
 
 ◆インターンシップ(富久山支店)
郡山情報ビジネス専門学校 Yさん

 私は今回富久山支店で2日間お世話になりました。営業中の窓口等を拝見させて頂きましたが、職員の皆さんがお客様に対して丁寧に接し、何か分からないことがあれば率先して応対し、世間話などでコミュニケーションを取っている姿が見られました。
 私は地域密着型で業務をなされているという所がとても興味深かったので、実際に見て、お客様一人一人の目線に立って分かりやすく、親身に接客できるからこそ、地域の皆さんに愛されている職場だなと感じることができました。
 なかなか金融機関の業務を見たり体験したりする機会はないので、今回の支店実習ではとてもいい体験となりました。私の勝手なイメージでは、「金融業=静かでコミュニケーションなどはない」だと思っていたので、今回でそのイメージは変わりました。
 お客様の立場になって相手を思いやりながら仕事をすることの大切さ、金銭を取り扱う仕事なので、正確にかつ早く作業をしなくてはいけないので、兼ね合いが大変だなと思いました。
 ◆インターンシップ(安積支店)
いわき明星大学 Aさん

 私は安積支店に行かせてもらいました。私が与えられた役割は、1.お茶だし、2.声だし、3.札勘の練習、の3つのことでした。
 しかし自分はせっかくの機会なので、職場の雰囲気や言葉の使い方など社会人になってから必要になりそうなことに気を配っていました。
 初めに気がついたことは、窓口の女性の接客のレベルの高さです。私は飲食店でのアルバイトの経験がありましたが、そこでの接客はマニュアルに載っていることだけで、「雨の中、大変でしたね」というような相手のことを気にする接客というのは教えてはくれませんでしたし、やる人もいませんでした。
 しかしけんしんの窓口では笑顔で身振り手振りをしながら本当に自然にお客様のことを思いやっている姿勢でした。本当の接客というのは、こういうことを言うのだなと感心しました。
 支店長ともお話しさせて頂いて、「効率が悪くても一件一件本気でぶつかっていけば、その人との関係が生まれ、その人の家族とも関係をつくることができる。それを繰り返せば地域との親密な関係も築くことができる」ということを教わりました。長い間働いてきた人の言葉だからこそ重く、心から納得することができました。
◆インターンシップ(常葉支店)
東北大学 Wさん

 私は常葉支店で研修させていただきました。職場の雰囲気は、お互いに声を掛け合い、何か困ったことがあれば協力し合っていると感じました。
 営業の目標は、担当の方が具体的に立てて、リストや地図で職員全員と共有しているだけでなく、窓口でもお客様にお声掛けして、お互いに連携して目標を達成しようと励んでいる姿が印象的でした。
 特に、指導していただいた職員の方は、今年入組された方だったのですが、窓口での対応、お声掛けなど大きな声でテキパキとなさっていて、熱心さが伝わってきました。
 窓口が終わってからも、職員の方同士で分からないことを教え合っているところを見て、現場にいても新しいことも毎日学んでいくという姿勢に気付かされました。
 私が社会人になったとき、毎日新しい問題にぶつかると思いますが、一つ一つどう対処していくか、常に学び、勉強して、自分を成長させていかないとならないと感じました。
 
 ◆インターンシップ(桜通支店)
昭和女子大学 Kさん

 支店に行く前に思っていたのは、現場の人は厳しいかも知れない、怖いかもしれないということでした。
 実際に行ってみて、みなさんとても親切で、話しかけて下さったり、笑顔で挨拶を返して下さったりして、すごく嬉しかったです。特に窓口の業務を見学したときは、お客様がいないときには世間話などもでき、緊張がほぐれました。
 窓口の業務は、お金というお客様の大事な資産を取り扱うものなので、緊張感が大事なんだよと教えていただきました。
 研修中は自分から行動しようと思っていましたが、難しかったです。
お茶出しや片づけを積極敵にやりました。お茶を出したとき、お客様にありがとうと言ってもらえて嬉しかったです。
声出しも自分ができる仕事だ、と気付き、2日目は声出しを目標にしようと思い、お客様への挨拶、出かける人、帰ってきた人への声掛けを頑張りました。
 みなさん忙しそうでしたが、お互いに声を掛け合ったり、今日どうだった?などと話し合ったりしていて、雰囲気がとてもあたたかいと感じました。